WORKS

最強の毒 本草学者の事件帖(汀こるもの)

江戸は浅草の札差店で、10人もの奉公人が同時に亡くなった。同心見習いの紺之介は、夕食の味噌汁に一匹の虫が入り込んでいるのを発見。毒と思しき昆虫の正体を突き止めるため、「天才」と名高い本草学者(科学者を頼ることにした。日暮里に佇む屋敷を尋ねると、現れたのは美麗な変人学者・香西朝槿。口を開けば悪態が出てくる偏屈ものと協力して、事件に挑むことになる。本草学の知識で謎を解く、全く新しい捕り物帖!(公式サイトより)

DATA

著 者:汀こるもの
装 幀:二見亜矢子
出版社:KADOKAWA
発売日:2024/6/13
リンク:https://www.kadokawa.co.jp/product/322306000293/

CATEGORY

書影(オビなし)
書影(オビあり)

SHARE

Xでシェア Facebookでシェア LINEでシェア Pinterestでシェア
PREVIEW WORKS TOP